ウェブメールでは気を付けたいことも

気軽で便利なところが魅力のウェブメールですが、気を付けておきたいこともあるのです。ここではウェブメールを利用する時の注意点をご紹介します。

ウェブメールの注意点

社内

容量に制限がある場合がある

ウェブメールを利用する時に気を付けたいのが、容量が設定されているケースがあるということです。容量を超えてしまった場合、メールを受信することができなくなってしまったり、送受信したメールの本文が最初の方から消えてしまうといったこともあります。メールは定期的に整理を行うと良いでしょう。

ログアウトを忘れずに

ウェブメールを利用する時に気を付けたいのが、他の端末を利用したときです。特にビジネスシーンにおいては情報漏洩はあってはならないものです。複数の端末でログインを行うような場合には、ログアウトは忘れずに行うようにしましょう。また毎回ログインを行うような設定にすると安心です。

ネットの環境に左右される

気を付けたいことが、ウェブメールはブラウザでしか利用することができないという事です。したがって通信速度といった利用状況は、お使いのインターネットの環境に左右されることとなります。インターネットの接続が切れてしまうとメールも利用することができなくなってしまうので、注意が必要なのです。

ウェブメールに関する口コミ情報

ログイン情報を忘れてしまった

ウェブメールに久しぶりにログインする時、登録した情報を忘れてしまってログインができないことがありました…。ログイン情報はきちんと覚えておけるものにしないとダメですね。

社外ではノートパソコンを利用

ウェブメールを導入してからは、効率が格段に上がりましたよね。以前は外回りから帰ったらメールチェックを行うといった流れでしたけど、今では移動中などちょっとした時間でメールチェックを行うことができるのですから。

データの移行も楽ですね。

ブラウザを利用するため、メールアドレスといった情報を他のPCに移行したい時にも非常に便利です。ブラウザでログインしてしまえばいいという点が非常に気軽です。

情報が洩れてしまった

CCとBCCの使い方を間違えてしまって、顧客のメールアドレスを複数のお客さんに送ってしまいました。これは失敗でしたね。ウェブメールでは情報が漏洩する危険も高いので、いかなる時も慎重に行うべきですよ。

迷惑メールにお客さんのメールが…

いつのまにか迷惑メールにお客さんのメールが割り振られていたなんてことがありました。一度設定を見直してみるか、迷惑メールのフォルダも定期的に確認してみるほうが良いです!

広告募集中